スカーフの知識

おしゃれスカーフの館

知っておきたいスカーフの洗い方と結び方

シルクのスカーフを自分で洗いたいときには、ベンジンだけあればオーケーです。
広口の空きビンにベンジンを3分の1くらい入れ、スカーフを入れてしっかりとフタを閉めます。
これを3分間振るだけで、取り出して絞ったら、タオルで挟んでベンジンを吸い取り、陰干しにします。
乾いたら中温でアイロンがけします。
直接肌に触れることが多いものですから、意外に汚れていることが多いのですが、この方法なら、いつもおろしたてのようにキレイになります。
表を下にしてスカーフを広げ、上下の角を合わせるように折り、さらに半分の幅になるように折ります。
さらに3分の1の幅になるように折り重ねます。
折ったものが崩れないようにして手に持ち、見えている面が内側になるようにして、首に掛けます。
自分の右側を上に1回巻きつけて垂らしたら完成です。
これが、くるりと1回通しただけのカンタンな結び方で、最初にきちんと折っておくと凛とした印象になります。
また、大きめのものは表を下にして広げます。
裏側を中にして三角形に折り、山が背中の中央にくるようにして、左右を前に垂らします。
左側の上から後ろに向かって肩にかけて巻きつけます。
左右のバランスを見ながら整えて完成です。

スカーフはこんなに使える!

麻や綿、ポリエステル、ウールなど、様々な素材で作られたスカーフは、見ているだけでも楽しいものです。
使い方としては、首や襟元に巻いてオシャレのアクセントに使うことが一般的です。
色とりどりで柄も多種多様にあるので、ワンポイント使いには最適ですね。
また、暑い季節には首に巻くことで日焼け予防としても使うこともでき、実用的なアイテムでもあります。
首以外にも、例えばバッグに結ぶのもとてもオシャレです。
首元に巻くには少し恥ずかしいような派手めのデザインでも、シンプルなバッグに付けるとちょうどよいアクセントなります。
また、細く折りたたんでベルトとして使うのもおすすめです。
オーソドックスなデニムパンツに合わせると、一気にエレガントな雰囲気になります。
そして、大判のスカーフも使い勝手が良いものです。
薄手のものが多いので持ち運びがしやすく、肌寒いときは肩にかけたりできて便利です。
少し工夫をすると大判ストールは簡単なジレにもなります。
インターネットで調べると様々な結び方や使い方が見つかります。
箪笥で眠っているスカーフがあったら、まずは小物から、気軽に試してみてはいかがでしょうか。
価格帯は幅広いですが、低価格でかわいいものもたくさんあります。
洋服を買うよりもずっとお安く、ちょっと派手な色にも挑戦しやすいので、いろいろ試してみるのも楽しいです。

Valuable information

豊富な品揃えの電子タバコリキッド専門店

電子タバコ リキッド

軽くて丈夫なプラダンの加工・制作を承っております。

プラダン

子育てに必要なものをレンタルで。ご自宅までお届けいたします。

ベビーベッド レンタル

最終更新日:2017/10/13