スカーフの巻き方

おしゃれスカーフの館

スカーフの代表的な巻き方の一つである
ループノットの巻き方

多くの女性はスカーフにいろいろな巻き方があることを知っていても、慣れている方法、自分の合っていると思っている方法を続けていくうちに違うやり方に挑戦することを無意識避けてしまうこともあるかもしれません。
スカーフの巻き方を変えるだけで印象がずいぶん変わる可能性がありますから多くの方法を知っていてそれを使いこなすことがおしゃれの演出につながります。
代表的な方法の一つとしてループノットと呼ばれる方法があります。
基本のバイアス折りの方法は、まず裏の状態で上下の角を中心まで折り返し(この状態で上下の辺が長い六角形になる)、上辺を六角形の高さの上から3分の1のところで下向きに折り返し、同様に下側も下から上に折り返します(この状態で細長くなる)。
さらに同様に上下を入りたたみ(もっと細長くなる)ます。
ここまでがバイアス折りです。
さらに、半分の位置に結び目を作って、その結び目を首の正面でキープしながら結び目の両端を首の後ろで交差させ、前に持ってきて結び目の穴に通すのです。
その後は、結び目の部分を引き絞って整えれば完成です。
これがループノットの巻き方です。

スカーフの巻き方でお洒落度アップ

スカーフと言えば、航空会社の客室乗務員の方や会社やデパートなどの受付をされている方がとても参考になります。
もともとこれらの職業の方は、皆の注目を惹く職業でもありますし、昔から女性なら一度は憧れる職業ですから、常に美意識の高い方たちの集まる職業であると言えます。
彼女たちのスカーフの巻き方は一種類ではなく何種類もの巻き方があり、その日の気分で変えているそうです。
企業の顔とも言える立場にいる方たちですし、華やかな印象を与えるだけで企業のイメージアップにもつながります。
多少その日の顔色が悪くてもスカーフを巻くだけで、印象がずいぶん変わりますし、気持ちも引き締まります。
普段から巻いている方は、いつもと違う巻き方に挑戦すれば、それはそれで新鮮な気持ちでその日を過ごせるものです。
コートやジャケットがいらなくなる春頃には少し首元のお洒落を楽しんでみてはいかがでしょうか。
いつものお洋服に少し変化をつけるだけで素敵な女性に変身できます。

Last update:2016/5/18